幼児期からの英会話スクール

英語嫌いで試験前などはいつも憂鬱だった学生時代、子供には同じ思いを味わわせたくなくて、なるべく早い時期からの英会話スクールを検討していました。

当時子供は一歳になったばかり。この時期だとまだ専門の英会話スクールが少ないのが現実なのですが、数少ない選択肢の中から場所と料金の面からヤマハの幼児英語教室が目に留まりました。

もちろんまだ一歳なので、英語の勉強というよりは音楽中心に英語に慣れる、親しむといった感覚ですね。親が同伴し、様々な英語の音楽に合わせ体を揺すったり楽器を鳴らしたりして楽しみます。

定員は八名ですが、教室がかなり広いので自由に動き回っても余裕がたっぷりあるのが有り難いですね。

本格的に英語を習わせたいと思うお母さんは先生が日本人であることに不安を感じる人もいるそうですが、これは小さな赤ちゃんや子供にいきなり外国人の先生と対面させると、怖がって泣いたり嫌がったりするケースがあるからなのだそうです。

もちろん子供の担当の先生は日本人でしたが長い留学経験があり、子供好きの若い女の先生でしたのですぐ馴染んでくれて助かりました。

基本音楽と英語を掛け合わせたレッスン内容ですがきちんとテキストもあり、単語カードなども使って毎回少しずつボキャブラリーの範囲を広げてくださいます。

まだ言葉のわからない子供でも、子供だからこそこうした体験型の英会話スクールが必要なのだと感じました。

おかげで幼稚園生になった子供は大の英語教室好き。英語の音楽が流れてくれば、体を揺すって歌詞を口ずさんだりしています。楽しむ英語の基礎を教えてくれたヤマハのスクールには本当に感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です