子ども時代の英会話スクール

私の子ども達は、今は通っていませんが、大手英会話スクールに幼稚園入園の頃から通っていました。
小さいころから英語に触れることで「耳」が英語になれることを期待したからです。
そして、中学校に入学後、英会話スクールはやめました。

部活動や入試のための塾との併用は金額的に厳しかったからです。

中学校に入り、「英語」は得意科目!!になるとばかり思っていたのですが。

予想に反して、子ども達は、まあ、、平均点よりも少し上、、くらいの成績しかもらえませんでした。

今の時代。英会話スクールに行っていた、、というお子さんが大半ということも関係するのかもしれません。

とはいえ、。

学年が上がるにつれて、「文法」を細かく習うころにはすっかり習っていなかった子とも横並びになってしまいました。
「英語」が得意!、、とはとても言えない状況でした。

そして、、高校に入学後。思いがけないことを子どもたちから聞いたのです。

「なんだかしらないけど、英語は話すのはちょっと苦手だけど、聞くと聞き取れるよ」というのです。

私はそれを聞いて、やはり幼少期から英語にふれてきたことはプラスだったのだなあ、、と思いました。

英語の文を見て訳したり、自分で書いた英文をスピーチしたり、、というのは日本人は出来ますが一番苦手なのは「聞く」ことではないでしょうか?

まだ、勉強中の子ども達ですが、「英会話スクール」は役に立っていたと実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です